溜川に浮ぶドラム缶橋

たましまあるき そのまえに

ひとてま舎の活動拠点、倉敷市玉島。
古い町並みがまだそこここに残っていて、何とも言えず懐かしい気持ちにさせてくれます。
「レトロな街」として紹介されることも多いけれど、作られたレトロ感じゃないところが、この町の魅力です。
ひとてま舎のウェブサイトを訪れてくださった方が、行ってみようかなと思ったら、「たましまあるき」を一度のぞいてみてください。遠いからなぁという方も、あるいてみたような気持になれるように、少しずつ更新していきます。
ここにはちょっと不思議な時間が流れているのです。隙間というか余白がいっぱいの「玉島時間-たましまタイム」をゆっくりお過ごしください。

玉島は、ぽこぽこ小山がいっぱいあって、町のいたるところに水路があり、自然の形に沿った道と、人が造った道路が入り組んでいます。道を聞かれても、説明するのがちょっとややこしい。

※「たましまあるき」で掲載する地図は少し分かりにくいかもしれません。お店の位置などを頼りにゆっくりあるいてみてくださいね。

たましまあるきの目印は、地域の氏神様のお社や、赤白の鉄塔。

商店街や路地歩きで迷ったら、少しひらけたところに出て、高いところを探してみると、どれか目印が見つかると思います。