うちからそう遠くないところに、ガラス作家・山下理恵さんの工房はあります。
高台の坂道の途中に大きな桜の木があって、そこから見える畑の中にあるので
坂道を通る時には工房がよく見えます。

天井の高い工房の中はレンガの窯。
丸く開いた窓からオレンジ色の炎が見えます。
そして
ゴォーっと響く、バーナーの音。

長い棒の先を窯の中に入れて取り出し、吹いた後、形を整え、さらに窯の中へ。
これを繰り返しているうちに、水あめのようなガラスが少しずつ大きくなっていきます。

その工程が面白くて見入ってしまいますが、ここは工房。
ものづくりの現場に漂う、特有の緊張感がここにもあり、こちらにもじんわり伝わってきます。
邪魔にならないよう、離れたところから静かにぱちり、ぱちり。。
ガラス作家・山下理恵さんの作品が生まれてくる場所は、こんなところでした。

それにしても、作ることに没頭している人はかっこいい。