ひとてま かける

ひとてま堂+ひとてま舎 

品数の少ないネットショップです

使っているところを想像したり、思わぬ場所に持ち出して風景のなかに置いてみたり。
作品の持つ魅力をあれこれ考えながらページを作っています。お見せできる作品は多くありませんが、少しずつ増やしていきますので、時々お立ち寄りください。

作品たち

ひとてま堂で取り扱っている作品です。作家名はページのどこかに出ています。
まず作品の良さを見ていただきたくて、作り手の名前は「どこかに」出すことにしました。

出会う時間

作家さんの工房に行った時のことや、撮影のために訪れた場所のことを書いています。

ひとてま堂 と
  ひとてま舎のこと

ひとてま舎のこと

今まで一人でやってきたひとてま堂を二人で続けていくことにしました。「ひとてま舎」は私たちのユニット名です。写真・たぐちりつこ、文章とイラスト・やすはらりのです。ひとてま舎のサイトは主にやすはらりのが担当しています。たましま在住のりのさんの「たましまあるき」は、たましまの魅力をお伝えするページです。

ひとてま舎の記事より

夕暮れの玉島

ガラスの蚊やりにそえて

ネットショップ「ひとてま堂」でご覧いただいている作品には、

ひとてま舎の記事・たましまあるき3

たましまあるき#003

倉敷市玉島は、瀬戸内海に浮かんだいくつもの島を、干拓事業によ

玉島の街

ガラスの酒器にそえて

ネットショップ「ひとてま堂」でご覧いただいている作品には、そ

茶碗は、ちゃわん 二杯目

自宅に、ご飯茶碗は何個あるでしょうか。 ひとつ、同居の人数分、

ひとてま堂のはじまりの
15年前この1枚の写真から始まりました。

ひとてま堂のこと

2007年インターネットでお店を開いて、15年経ちました。16年目の春、道具屋ひとてま堂は新しく「ひとてま堂」として始まります。今までとは少し違うカタチで、私たちらしいサイトにしたいと思っています。そして、今までと変わらず「きもちにぴったりくるもの」をお届けします。