一輪挿し

八十八夜が過ぎた。
立春からゆびおり数えて、いよいよ種まきの時期になる。

かたく乾いた種を水に浸けると
ぬるんだ春の水をゆっくり吸い込んでいく。

種の中のでん粉が分解される。
糖がエネルギーになる。
新しい細胞が生まれる。
呼吸する!

種はその中にこれから形作られるすべてを持っている。
葉も、茎も、根も、花も、実も、ぜんぶ持っている。

殻がやぶれた時には、
白くか細い根を引きずって、芽の姿でそこにある。

種は空っぽになって、殻の形さえ、もう見えない。
黒い土と青い空のあいだで、葉が茂り、茎が伸びて、花が咲く。

太陽のひかりで葉が光合成する。
糖が生成される。
でん粉が蓄積される。
全力を尽くして実る!

そしてすべてをたずさえて、また種になる。

                                      文・やすはら りの

一輪挿し

コロンとした形は、たまごか木の実のよう。
てっぺんの細く開いた割れ目に、さし込むように花をいれて一輪挿しに。
そのまま置いて、オブジェに。
光沢はなく、ざらっとしています。
作:芝 眞路

高さ:約9cm
4400円