日常にあったはずの縁側が
暮らしから遠ざかっても、
ドラマのワンシーンや
古民家カフェで見かけると、
日向に面したその場所を
何となく懐かしいと感じてしまうのです。
蚊取り線香の煙が
ゆっくりと細くたゆたっていて、
ヒグラシの声が消え入る
夏の夕方。

色のない透明ガラスの蚊やりです。
ガラス棒を蚊取り線香の隙間に差し込んで使います。
ガラス棒はオレンジ色と緑色の2本セットで。
作:山下理恵
H:約9cm W:16.5cm
5500円

ガラスはわれものです。必ず安定した場所でご使用下さい。
割れたりひびが入った場合は使用を中止してください。
火災に気を付け、小さなお子様の手の届かないところでご使用下さい。