芝眞路さんの三つ足の花器。真ん中に穴があって。
片手で握れるくらいの大きさの花器(芝眞路 作)

自分の胸にぽっかりあいた穴を
おそるおそるのぞき込んでみたら、
暗いと思っていたその穴は
いつの間にか突き抜けていて
向こうに小さな、小さな光が見えたのです。
「なーんだ、そうか」と訳もなく
大丈夫だなという気持ちがしました。

まるい花器(小)

丸いのですが「むっちり」という表現がぴったりくる気がするのは、穴の開いた部分のくぼみ方のせいでしょうか?

こちら側は大きな入り口で穴が開いていますが、裏側の穴は小さくなっています。
でも、裏まで穴が貫通しているのは間違いなく、思わずのぞいてみたくなるのです。

芝眞路さん作

芝眞路さん作 3本足の一輪挿し

真ん中に大きな「穴」を持つ三つ足の一輪挿し(陶器)。
穴は裏側まで突き抜けていますが、水は入れられますので、生花もいれることができます。
(裏側は表より小さい穴になっています)
光沢はありません。

<まるい花器(小)>
高さ:約14cm
4400円
作:芝 眞路

陶器は割れ物です。必ず安定したところでお使いいただき、ひびが入ったり、割れたのものはご使用を中止してください。